特定外来生物「ヒアリ」、「アカカミアリ」について

名古屋港における特定外来生物「ヒアリ」、「アカカミアリ」の発見について

 6月27日に鍋田ふ頭コンテナターミナルにおいて、南沙港を経由したコンテナ船から陸揚げしたコンテナを、コンテナターミナルから搬出する際に「ヒアリ」の疑いがある個体が発見されました。(6月30日に「ヒアリ」と同定)
 7月6・7に飛島ふ頭において春日井市内から回送された空コンテナ内部で「ヒアリ」が発見されました。(同定は7月12日)
 7月9日に飛島ふ頭コンテナターミナルにおいて、マニラ港で積み込まれたコンテナを陸揚げする際に、「アカカミアリ」が発見されました。(同定は7月12日)また、その際、作業員が刺される被害も発生しました。(病院にて患部に薬剤を塗布され、健康上の問題は生じていません。)

本組合の対応について

 本組合は、環境省中部地方環境事務所、愛知県環境部、港湾関係者等と協力・連携し、名古屋港の全コンテナターミナルで緊急調査(目視点検、ベイト剤・トラップの設置)や鍋田ふ頭、飛島ふ頭内の緑地や道路等の目視点検を実施しているところです。
 今後も、コンテナターミナル等の調査を継続し、ヒアリ等の侵入の水際での防除に万全を期していきます。

記者発表資料

7 月12 日
 愛知県内におけるアカカミアリの確認及び人的被害等について
 「特定外来生物『ヒアリ』対策の強化に関する緊急要請」について
7 月11 日
 名古屋港における特定外来生物「ヒアリ」等への対応について
 「特定外来生物『ヒアリ』対策の強化に関する緊急要請」について
7 月10 日
 愛知県内におけるヒアリの確認について
7 月7 日
 名古屋港における特定外来生物「ヒアリ」等への対応について
7 月6 日
 名古屋港における特定外来生物「ヒアリ」等への対応について
7 月5 日
 名古屋港における特定外来生物「ヒアリ」等への対応について
7 月4 日
 名古屋港における特定外来生物「ヒアリ」等への対応について
7 月1 日
 「ヒアリ」緊急調査の結果について
6 月30 日
 鍋田ふ頭コンテナターミルにおける緊急調査ついて
 名古屋港鍋田ふ頭コンテナターミナルにおける「ヒアリ」の発見について
6 月21 日
 名古屋港における特定外来生物「ヒアリ」の緊急点検の結果について

「ヒアリ」、「アカカミアリ」の特徴

【ヒアリ】


(画像:環境省)
・原産地は南米
・亜熱帯~暖温帯に生息し、草地などの比較的開けた環境を好む。土で直径2560cm、高さ1550cmのドーム状のアリ塚を作る。雑食性で、節足動物、小型脊椎動物、樹液、花蜜などを餌とする。
・全体は赤茶色で腹部が黒っぽい赤色〈体長2.5mm~6mm程度〉




【アカカミアリ】



(画像:環境省)
・原産地はアメリカ合衆国南部~中米
・亜熱帯地域の裸地や草地などの開けた環境に生息し、土中に営巣する。雑食性で、甘露や植物の種などを餌とする。水に浮かんで集団で移動するなど拡散能力が高い。
・体色は赤褐色で頭部は褐色〈体長3mm~5mm程度〉
・ヒアリに比べると毒は弱いといわれている。



ヒアリの簡単な見分け方(暫定版)(環境省)

「ストップ・ザ・ヒアリ」(環境省)

「ヒアリについて」(環境省)

「アカカミアリについて」(環境省)

もし、「ヒアリ」や「アカカミアリ」を見つけたら?

・ 「ヒアリ」や「アカカミアリ」は強い毒を持つため、生きた個体には素手で触れないで、下記の連絡先へ通報してください。
・ 個体は、市販のアリ用殺虫剤で駆除が可能です。



連絡先 

【環境省 中部地方環境事務所】電話:052-955-2139
【愛知県 環境部自然環境課】電話:052-954-6230

【名古屋港管理組合】
港営部港営課 電話:052-654-7873


もし、「ヒアリ」や「アカカミアリ」に刺されたら?

・刺された直後20~30分程度は安静にして、体調に変化がないか注意してください。
・容体が急変した時は救急車を要請するなど、すぐに医療機関を受診してください。
・受診の際は、「アリに刺されたこと」「アナフィラキシー(重度のアレルギー反応であること)の可能性があること」を伝えてください。

関係機関リンク

名古屋港におけるヒアリの確認について(環境省)

環境省中部地方環境事務所

特定外来生物「ヒアリ」について(愛知県環境部)

お問い合わせ

港営部港営課 電話:052-654-7873
総務部危機管理課 電話:052-654-7886