名古屋港開港110周年記念 練習帆船「日本丸」・「海王丸」2隻同時寄港

ページ番号1001859  更新日 2017年11月1日 印刷 

世界最大級の帆船2隻が同時寄港し、セイルドリル(展帆訓練)や一般公開などを行います。

帆船2隻同時のセイルドリルの写真
前回2隻同時寄港時のセイルドリル(平成23年)

11月10日(金曜日)、名古屋港に練習帆船「日本丸」・「海王丸」が名古屋港開港110周年を記念し、同時寄港します。寄港中には、県民・市民に海・船・港に親しんでいただき、海事思想の普及を図るため、両船の協力を得て下記の行事を行います。なお、すべての行事は2隻同時に行います。また、本組合所有の港務艇「ぽーとおぶなごや2」に乗船し、海上より同船の入港を歓迎する、"入港歓迎伴走"の参加者も募集いたしますので、併せてお知らせします。

今回のセイルドリル及び船内一般公開では、「名古屋港開港110周年記念市民クルーズ」の応募券付きチラシを配布します。

開催場所
ガーデンふ頭2号岸壁および3号岸壁
入出港日時

入港:11月10日(金曜日)午前10時

出港:11月15日(水曜日)午前10時

着岸場所
日本丸:ガーデンふ頭2号岸壁
海王丸:ガーデンふ頭3号岸壁
前港

日本丸:伊万里港

海王丸:清水港

次港

日本丸:東京港

海王丸:下関港



※ 停泊中の日没から22時までイルミネーションを点灯

アクセス
地下鉄名港線「名古屋港駅」下車 徒歩すぐ
主催
名古屋港管理組合
その他
入出港日時及び各行事は、天候などの状況により船長及び主催者の判断で変更又は中止となる場合があります。
お問い合わせ先

【平日】

名古屋港管理組合総務課広報・にぎわい振興室

電話:052-654-7894

受付時間:午前9時から午後5時まで

Eメール:kouhou@union.nagoyako.lg.jp

 

【土曜日、日曜日、祝日】

ガーデン緑園総合案内所

電話:052-654-7000

受付時間:午前9時から午後5時まで

帆船主要目

船名 日本丸 海王丸
船長 阿部 真二郎 熊田 公信
所有者 独立行政法人 海技教育機構 公益財団法人 海技教育財団
運航者 独立行政法人 海技教育機構 独立行政法人 海技教育機構
船籍港 東京 東京
竣工日 1984年9月12日 1989年9月12日
信号符字 JFMC JMMU
総トン数 2,570.00トン 2,556.00トン
全長 110.09メートル 110.09メートル
全幅 13.80メートル 13.80メートル
深さ 10.72メートル 10.72メートル
航海速力 13.2ノット(主機関使用時) 12.95ノット(主機関使用時)
主機関 ディーゼル機関 1,500馬力×2基 ディーゼル機関 1,500馬力×2基
帆装形式 4檣バーク型 4檣バーク型
帆の枚数/面積 総数36枚/2,760平方メートル
(縦帆)18枚/ 969平方メートル
(横帆)18枚/1,791平方メートル
総数36枚/2,760平方メートル
(縦帆)18枚/ 969平方メートル
(横帆)18枚/1,791平方メートル
マストの高さ 約50m(海面より) 約50m(海面より)
乗組員(定員) 190名(実習生120名) 199名(実習生128名)
前回寄港日 平成28年9月2日から9日まで 平成28年11月11日から16日まで

ガーデンふ頭2号・3号岸壁

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

ご職業
このページの情報は主にどのような目的に利用されますか。


このページに関するお問い合わせ

総務部 総務課広報・にぎわい振興室 にぎわい振興担当
〒455-0033 名古屋市港区港町1番11号
電話:052-654-7894 ファクス:052-654-7990
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。