平成29年度決算の概要

ページ番号1002525  更新日 2019年4月5日 印刷 

一般会計

平成29年度の決算の状況は、
歳入 272億5,960万余円
歳出 260億9,913万余円
となっており、歳入から歳出を差し引き、さらに翌年度に繰り越す事業に充てる財源を差し引いた実質収支は8億7,617万余円となりました。

歳入

歳入決算額は平成28年度決算に比べて24億1,969万余円、8.2%の減となっています。
この中で歳入の主要項目である県市負担金は7.8%の減、港湾施設使用料は47.1%の減、財産収入は20.9%の減となっています。

歳入区分

平成29年度

決算額

(千円)

平成28年度

決算額

(千円)

対前年度比較

差引

(千円)

対前年度比較

伸率

(%)

分担金及び負担金

8,671,227

9,143,824

-472,597

-5.2

分担金及び負担金(県市負担金)

7,724,528

8,376,180

-651,652

-7.8

分担金及び負担金(その他負担金)

946,699

767,644

179,055

23.3

使用料及び手数料

4,685,759

5,714,866

-1,029,107

-18.0

使用料及び手数料(港湾施設使用料)

955,509

1,805,187

-849,678

-47.1

使用料及び手数料(その他使用料など)

3,730,250

3,909,679

-179,429

-4.6

国庫支出金

898,424

898,611

-187

0.0

財産収入

5,219,294

6,598,312

-1,379,018

-20.9

寄附金

-

-

-

-

繰入金

579,343

171,950

407,393

236.9

繰入金(他会計繰入金)

579,343

171,950

407,393

236.9

繰越金

1,164,975

1,322,884

-157,909

-11.9

諸収入

2,506,787

2,505,361

1,426

0.1

組合債

3,533,800

3,323,500

210,300

6.3

組合債(公共事業等債)

2,987,800

2,907,800

80,000

2.8

組合債(全国防災事業債)

-

190,700

-190,700

-100.0

組合債(転貸債)

546,000

225,000

321,000

142.7

歳入合計

27,259,609

29,679,308

-2,419,699

-8.2

歳出

歳出決算額は、平成28年度決算に比べて24億1,520万余円、8.5%の減となっています。
この中で総務費は、名古屋四日市国際港湾株式会社に対する貸付金が増加したことなどにより31.3%の増、企画調整費は、大江川地区における地震津波対策調査が増加したことなどにより24.8%の増、受託事業は、埠頭用地事業が一般会計から施設運営事業会計へ移管したことなどにより45.4%の増となっています。

 

 

歳出区分

平成29年度

決算額

(千円)

平成28年度

決算額

(千円)

対前年度比較

差引

(千円)

対前年度比較

伸率

(%)

議会費

139,192

141,012

-1,820

-1.3

総務費

2,995,417

2,281,116

714,301

31.3

企画調整費

1,007,806

807,629

200,177

24.8

港営費

2,764,163

2,537,822

226,341

8.9

建設費

10,543,527

10,979,928

-436,401

-4.0

建設費(補助・交付金事業)

2,084,698

2,019,495

65,203

3.2

建設費(直轄事業負担金)

2,189,522

2,369,734

-180,212

-7.6

建設費(受託事業)

668,033

459,387

208,646

45.4

建設費(単独事業)

5,601,274

6,131,312

-530,038

-8.6

公債費

8,649,026

11,766,826

-3,117,800

-26.5

予備費

-

-

-

-

歳出合計

26,099,131

28,514,333

-2,415,202

-8.5

基金特別会計

名古屋港管理組合基金特別会計の平成29年度の決算の状況は、
歳入 7億4,480万余円
歳出 7億4,446万余円
となりました。
歳出の内訳としては、名古屋港水族館における水族の円滑な確保、展示効果の向上等水族館の振興に資するための名古屋港水族館振興基金が、6億6,627万余円、名古屋港における海事文化に関する施設の充実、海事文化思想の普及事業等海事文化の振興に資するための名古屋港海事文化振興基金が、4,844万余円、港湾緑化及び風力発電事業の円滑な運営等環境の振興に資するための名古屋港環境振興基金が、2,973万余円となりました。

区分

平成29年度

歳入

(千円)

平成28年度

歳入

(千円)

歳入差引

(千円)

平成29年度

歳出

(千円)

平成28年度

歳出

(千円)

歳出差引

(千円)

水族館振興基金

666,338

226,165

440,173

666,278

226,160

440,118

海事文化振興基金

48,444

144,534

-96,090

48,444

144,534

-96,090

環境振興基金

30,018

9,012

21,006

29,738

8,831

20,907

744,800

379,711

365,089

744,460

379,525

364,935

 

施設運営事業会計・埋立事業会計

名古屋港管理組合企業会計の平成29年度の決算は、上屋、貯木場及び荷役機械を提供する事業である施設運営事業会計については、
収益的収入 43億1,186万余円
収益的支出 30億9,647万余円
資本的支出 17億6,021万余円
となりました。
また、港湾区域内の水面を埋め立て、臨海用地を造成する事業である埋立事業会計については、
収益的収入   4億   753万余円
収益的支出   4億9,318万余円
資本的収入 15億5,398万余円
資本的支出   7億5,866万余円
となりました。

区分

平成29年度

収入

(千円)

平成28年度

収入

(千円)

収入差引

(千円)

平成29年度

支出

(千円)

平成28年度

支出

(千円)

支出差引

(千円)

施設運営事業

4,311,866

1,828,204

2,483,662

4,856,691

2,154,281

2,702,410

施設運営事業(収益的収支)

4,311,866

1,828,204

2,483,662

3,096,476

1,793,218

1,303,258

施設運営事業(資本的収支)

-

-

-

1,760,215

361,063

1,399,152

埋立事業

1,961,526

3,240,628

-1,279,102

1,251,847

1,490,052

-238,205

埋立事業(収益的収支)

407,537

427,397

-19,860

493,180

424,984

68,196

埋立事業(資本的収支)

1,553,989

2,813,231

-1,259,242

758,667

1,065,068

-306,401

6,273,392

5,068,832

1,204,560

6,108,538

3,644,333

2,464,205

平成29年度名古屋港管理組合財務諸表

  • 財務諸表は、国の示す「統一的な基準による地方公会計マニュアル」に基づいて作成しています。
  • 作成基準日は、平成30年3月31日とし、出納整理期間における現金の受払等は、基準日までに終了したものとして処理しています。
  • 決算額等の各数値は、項目ごとに表示単位未満を四捨五入しているため、合計が一致しない場合があります。
  • 財務諸表の対象範囲は以下のとおりです。

財務諸表の範囲

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

ご職業
このページの情報は主にどのような目的に利用されますか。


このページに関するお問い合わせ

総務部 財政課 財政係
〒455-0033 名古屋市港区港町1番11号
電話:052-654-7854 ファクス:052-654-7990
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。