名古屋港開港110周年記念リーフレット(抜粋)

ページ番号1001839  更新日 2017年11月15日 印刷 

名古屋港開港110周年記念リーフレットをホームページ形式に再編集しました。
リーフレット本紙をご覧になりたい場合は添付ファイルをご覧ください。

1907年名古屋港の開港は「鉄桟橋」から始まった

開港当時の鉄桟橋の写真

写真左下から斜めに伸びる橋が「鉄桟橋」。
名古屋港開港の1907年(明治40年)に建設されました。長さ127メートル、幅14.5メートル。その後、桟橋上部には貨物列車のレールも敷かれ、開港から昭和初期までの唯一の船着場として、また、接岸する船舶でにぎわう名古屋港の代表的施設として市民から親しまれました。(※10,000トン級の船の入港が可能でした。)

開港から100年の歩み

1896年(明治29年)
熱田湾築港、第一期工事着工
1906年(明治39年)

巡航博覧会船「ろせった丸」入港

1907年(明治40年)

鉄桟橋完成
11月10日名古屋港開港

1951年(昭和26年)

名古屋港管理組合設立

特定重要港湾に指定される

1959年(昭和34年)

ロサンゼルス港と姉妹港提携

伊勢湾台風襲来、甚大な被害を受ける

1968年(昭和43年)
フルコンテナ船「箱根丸」(16,240総トン)が初入港
1972年(昭和47年)
NCBコンテナターミナル供用開始
1982年(昭和57年)
欧州航路開設、第1号船「ネドロイド・デルフト号」入港
1983年(昭和58年)
フリマントル港と姉妹港提携
1984年(昭和59年)
名古屋港ポートビル完成
1985年(昭和60年)

ボルチモア港と姉妹港提携

名港西大橋完成

1988年(昭和63年)
アントワープ港と友好港提携
1989年(平成元年)
世界デザイン博覧会開催、会場となる
1992年(平成4年)
名古屋港水族館オープン
1994年(平成6年)
名古屋港船舶通航情報センター完成
1998年(平成10年)
名港三大橋「名港トリトン」開通
2001年(平成13年)
名古屋港水族館北館オープン
2002年(平成14年)
総取扱貨物量全国第1位
2004年(平成16年)

スーパー中枢港湾に指定される

新舞子マリンパーク内に風力発電施設完成

名古屋駅と金城ふ頭を結ぶ旅客鉄道「あおなみ線」開業

2007年(平成19年)

開港100周年

名古屋港開港100周年海フェスタなごや「海の祭典2007」開催

100周年から110周年までこの10年の歩み

2008年(平成20年)

飛島ふ頭南側コンテナターミナル第2バース供用開始
2009年(平成21年)
世界同時不況に対応し、名古屋港緊急対策実施
2010年(平成22年)

「国際航路協会(PIANC)アジア125周年記念事業」開催

シドニー港と姉妹港提携

2011年(平成23年)

国際バルク戦略港湾(穀物)に選定される

上海国際港務(集団)股份有限公司とパートナーシップ港提携

2012年(平成24年)

鍋田ふ頭コンテナターミナル第3バース供用開始

タイ港湾公社とパートナーシップ港提携

2013年(平成25年)
ゼーブルージュ港湾公社とパートナーシップ港提携
2014年(平成26年)
新舞子ボートパーク全面供用開始
2015年(平成27年)

港湾運営会社制度導入によるコンテナターミナルの本格運用開始

名古屋港港湾計画改訂

2016年(平成28年)

名古屋港埠頭株式会社と名古屋コンテナ埠頭株式会社が合併

鍋田ふ頭進入道路全線4車線供用開始

2017年(平成29年)

開港110周年

名古屋四日市国際港湾株式会社設立

名古屋港の実力

名古屋港の日本一(平成28年実績)

総取扱貨物量

1億9,326万トン(平成14年から15年連続)

貿易黒字額
6兆2,650億円(平成10年から19年連続)
外貿取扱貨物量
1億2,848万トン(平成12年から17年連続)
自動車輸出台数
132万台(データとして比較可能な昭和54年から38年連続)

鉄桟橋跡地

公共交通機関の場合は、地下鉄名港線「名古屋港」3番出口から南へ徒歩1分

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

ご職業
このページの情報は主にどのような目的に利用されますか。


このページに関するお問い合わせ

総務部 総務課広報・にぎわい振興室 にぎわい振興担当
〒455-0033 名古屋市港区港町1番11号
電話:052-654-7894 ファクス:052-654-7990
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。