適切な設計変更に向けた取組

ページ番号1002602  更新日 2018年6月1日 印刷 

このたび、工事請負契約などの約款改正に伴い、名古屋港管理組合設計変更ガイドライン及び名古屋港管理組合設計変更事務取扱要領の一部改正します。

適切な設計変更に向けた取組(設計変更ガイドラインの運用)

本組合では改正品確法の趣旨を踏まえ、運用指針に義務付けられている「適切な設計変更」を実施するため、平成29年4月より「名古屋港管理組合設計変更ガイドライン」を運用しております。

本ガイドラインでは、設計変更が可能なケース・不可能なケース、手続きの流れなどを明確にし、 受注者・発注者の共通認識を深めることで、設計変更が必要となった場合の手続きの円滑化を図ることを目的としています。

適切な設計変更に向けた取組(名古屋港管理組合設計変更事務取扱要領の運用)

平成29年4月に策定した「名古屋港管理組合設計変更ガイドライン」に加え、設計変更の内容及びこれに伴う契約変更の取扱いなどの必要な事項を定めた「名古屋港管理組合設計変更事務取扱要領」を新たに策定しました。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

ご職業
このページの情報は主にどのような目的に利用されますか。


このページに関するお問い合わせ

建設部 技術管理課 技術管理係
〒455-0033 名古屋市港区港町1番11号
電話:052-654-7944 ファクス:052-654-7922
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。