施設案内 フェリーターミナル(空見ふ頭)

ページ番号1001968  更新日 2017年3月31日 印刷 

写真:空見ふ頭フェリーターミナルの上空からの写真

概要

大量貨物を海陸一貫輸送できる大型カーフェリー

輸送手段の転換“モーダルシフト”の担い手として

高度経済成長に伴って貨物輸送量が増加し、鉄道やトラックなどの内陸輸送は逼迫していたため、トラックごと大量の貨物を輸送できる長距離カーフェリーが脚光を浴びました。
名古屋港においても、昭和45年、空見ふ頭南西部にフェリーふ頭を整備することが決定しました。整備は、わが国で初めて地方公社方式で行うことになり、財団法人名古屋フェリー埠頭公社が昭和46年に誕生しました。
その後、昭和47年と昭和48年に相次いで、1万トン級岸壁2バースと旅客ターミナルが完成しました。
財団法人名古屋フェリー埠頭公社は、平成5年に外貿コンテナ埠頭業務を追加して財団法人名古屋港埠頭公社に改組し、さらに平成24年12月からは、同公社のすべての財産及び業務を引き継ぐかたちで名古屋港埠頭株式会社が設立し、業務を行っています。

中部圏と東北、北海道を結ぶ航路が就航

名古屋・仙台・苫小牧を結ぶ「太平洋フェリー」

現在、太平洋フェリー株式会社の名古屋・仙台・苫小牧を結ぶ航路が1日おきに着岸しており、貨物輸送、旅行・レジャーなどに幅広く利用されています。

平成27年のフェリー利用実績(商品車を除く)

  • 旅客数 113,415人
  • 乗用車 19,360台
  • バス 73台
  • トラック 4,102台
  • その他車両 33,478台

平成23年新造船「いしかり」就航

苫小牧・仙台(経由)・名古屋を結ぶ航路

名古屋発苫小牧行きが40時間、苫小牧発名古屋行きが39時間30分

仙台・名古屋を結ぶ航路

仙台及び名古屋発着ともに21時間40分

データ

  • 全長 199.9メートル
  • 全幅 27.0メートル
  • 総トン数 15,762トン
  • 旅客定員 777名
  • 乗用車 100台
  • トラック 184台

フェリー航路案内

  • 航路:名古屋・仙台・苫小牧を結ぶ航路
  • 運航会社:太平洋フェリー株式会社
  • 運航船舶:いしかり・きそ・きたかみ
  • 日程:2日に1便
  • 問い合わせ先:太平洋フェリー株式会社名古屋港営業所
  • 電話:052-398-1023
所在地
名古屋市港区

地図

map

関連画像

太平洋フェリー株式会社名古屋港営業所が入る建物の写真
旅客ターミナル
フェリー「いしかり」の写真
フェリー「いしかり」

エリア基本データ

空見ふ頭フェリーターミナルの港内位置図

平成27年の空見フェリーターミナルのデータです。係留隻数は371隻。取扱貨物量は4,436,400トンで、港内比率は2.24%、外国貿易と内国貿易の比率は0対100です。取扱品種の割合は完成自動車が99.3%、自動車部品が0.4%、輸送用容器が0.3%です。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

ご職業
このページの情報は主にどのような目的に利用されますか。


このページに関するお問い合わせ

総務部 総務課広報・にぎわい振興室 広報担当
〒455-0033 名古屋市港区港町1番11号
電話:052-654-7839 ファクス:052-654-7990
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。