施設案内 金城ふ頭

ページ番号1001965  更新日 2017年3月31日 印刷 

写真:金城ふ頭の上空からの写真

概要

港の中央に位置する商港機能の中枢

名古屋港のコンテナ輸送のスタート

港の中央に位置し、商港機能の中枢を担う重要なふ頭で、大型船35隻を同時に係留することができます。名古屋港初のコンテナターミナルが整備されたふ頭でもありますが、平成21年からはコンテナ機能を廃止。現在、複数自動車メーカーによる世界各地への完成自動車輸出のほか、産業機械輸出、工業用金属輸入などが盛んに行われています。

 

ますます充実する交通機能

東西の伊勢湾岸自動車道に、南北のあおなみ線

平成10年に開通した名港トリトン。ふ頭中央の名港中央インターからは、東西に伸びる伊勢湾岸自動車道を通って東は東名高速道路、東海環状自動車道、名古屋第二環状自動車道、名古屋高速4号東海線、西は東名阪自動車道に連結しています。平成16年10月、旅客鉄道「あおなみ線」も開業し、自動車以外の身近な交通手段も整備されました。

 

あおなみ線

名古屋西南部初の旅客鉄道として平成16年10月に開業。名古屋駅と金城ふ頭との間の15.2キロメートルを24分で結びます。名古屋市内では唯一、海と港が眺められる鉄道です。各駅周辺には大型商業施設が建設されるなど沿線の再開発も進んでいます。
名古屋臨海高速鉄道株式会社
電話:052-383-0960

 

名古屋港船舶通航情報センター(ナブティック)

(NAVTIC:Nagoya Port Vessel Traffic Information Center)

金城ふ頭の南端、港の中央部に位置し、入出港船舶の離着岸情報などの集中管理(通航管理)と “なごやポートラジオ”を通じて船舶と直接通信し、入出港に際しての必要情報の提供(通航通信)を行っています。
また同じビル内には第四管区海上保安本部の名古屋港海上交通センターがあり、船舶の管制業務と安全運航のための情報提供を行っています。塔屋最上部には「管制信号板」及び「情報信号板」が設置され、アルファベットなどの電光表示により船舶への航行管制と情報提供が行われています。
地上10階、高さ75.1メートル。平成6年稼動。

名古屋港管理組合 通航情報管理室
電話:052-398-0512

名古屋港海上交通センター
電話:052-398-0711

 

開発進む親しまれる交流拠点

名古屋市国際展示場(ポートメッセなごや)

「ポートメッセなごや」として親しまれる全国有数の総合コンベンション施設です。
総展示面積約3万4,000平方メートルの展示施設やホール、会議室、飲食施設などの各施設を備え、見本市、展示会、会議、セミナーなど多様な用途に対応しています。昭和48年11月オープン。
電話:052-398-1771

 

鉄道博物館(リニア・鉄道館)

超電導リニア車両をはじめ歴代の新幹線、在来線を含め39両の実物車両及び各種シミュレータや日本最大級のジオラマなどが展示されています。平成23年3月開館。
電話:052-389-6100

 

結婚式場(アンジェローブ)

地中海やエーゲ海のリゾート地をテーマにゲストハウスを貸し切ったアットホームなパーティや結婚式を演出するウェディングスペースです。
電話:052-389-3900

 

フットサルアリーナ(テバオーシャンアリーナ)

日本で初めての国際規格のフットサルアリーナ。メインアリーナには約2,500席の観客席を設置。
電話:052-602-7001

 

金城ふ頭中央緑地

地域住民や港湾関係者などの憩いの場として整備され、平成24年には名古屋市のモノづくり文化交流拠点構想と連携した事業として、港の眺望を楽しむことができる緑地にリニューアルしました。

 

メイカーズ ピア

テーマが「モノづくり」、「コトづくり」のダイニング、ショッピング、エンターテインメントを三つの柱とする複合型商業施設。平成29年3月オープン。

 

LEGOLAND(R) JAPAN

日本初上陸の屋外型キッズテーマパーク。平成29年4月オープン。

 

大型クルーズ船の寄港

平成11年3月、大型クルーズ船「クイーン・エリザベス2」が名古屋港に初めて寄港した際、名港中央大橋を通過することができないため金城ふ頭に着岸しました。平成26年4月、平成27年4月には「ボイジャー・オブ・ザ・シーズ」(総トン数138,194トン、全長311.12メートル)が、平成27年8月には「ダイヤモンド・プリンセス」(総トン数115,906トン、全長290.00メートル)が着岸するなど、大型化の進むクルーズ船の受入も暫定的に行っています。

 

所在地
名古屋市港区

地図

map

関連画像

あおなみ線の写真
あおなみ線
名古屋港船舶通航情報センターの写真
名古屋港船舶通航情報センター
ポートメッセなごやの写真
ポートメッセなごや
リニア・鉄道館の写真
リニア・鉄道館
アンジェローブの写真
アンジェローブ
テバオーシャンアリーナの写真
テバオーシャンアリーナ
金城ふ頭中央緑地の写真
金城ふ頭中央緑地
メイカーズピアの写真
メイカーズ ピア
レゴランドの写真
レゴランド
(C)2017 The LEGO Group.
金城ふ頭に着岸したクルーズ船の上空からの写真
金城ふ頭に着岸したクルーズ船

エリア基本データ

ふ頭名称 金城
旧名称

変わらず

臨港地区面積 188.4ヘクタール
埋立完成時期 昭和46年2月18日から平成2年3月20日
バース水深 5.5メートルから12メートル

 

金城ふ頭の港内位置図

平成27年の金城ふ頭公共岸壁のデータです。係留隻数は2,450隻。取扱貨物量は7,786,483トンで、港内比率は3.93%、外国貿易と内国貿易の比率は99対1です。取扱品種の割合は完成自動車が86.1%、産業機械が4.6%、非鉄金属が4.1%、鋼材が1.7%、米が1.5%、その他が2.0%です。

平成27年の金城ふ頭における完成自動車輸出データのグラフです。輸出貨物量は556万トンで、名古屋港全体の完成自動車輸出の8.3%を占めます。相手国の割合はオーストラリアが9.7%、チリが8.1%、ニュージーランドが6.6%、メキシコが5.8%、タンザニアが5.1%、ミャンマーが4.6%、その他が60.1%です。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

ご職業
このページの情報は主にどのような目的に利用されますか。


このページに関するお問い合わせ

総務部 総務課広報・にぎわい振興室 広報担当
〒455-0033 名古屋市港区港町1番11号
電話:052-654-7839 ファクス:052-654-7990
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。